TOPICS

10月13日 第51回租税調査研究会 ZOOM勉強会を開催しました

第51回ZOOM勉強会を開催しました。
『基礎編 税務調査でも狙われる国際源泉課税』

多田 恭章主任研究員を講師に迎え

『基礎編 税務調査でも狙われる国際源泉課税』をテーマに講義いただきました。

>多田 恭章主任研究員のプロフィールはこちら

新型コロナウイルス感染拡大などを考慮しまして、ZOOMによる勉強会「国際源泉課税」を開催いたしました。
ポイントは、
①源泉徴収の対象となる海外取引
②租税条約の確認
③土地等の譲渡対価
④不動産の賃貸料
⑤日本法人の役員が海外で勤務する場合
⑥使用料などについて
多田恭章主任研究員が分かりやすく解説いたしました。

講師の多田主任研究員は、国税庁国際業務課(長官官房)で各国税務当局との情報交換をはじめ、
東京国税局で移転価格調査、法人調査等も行ってきた国際税務の専門家です。
大変有意義な勉強会となりました。

セミナー・勉強会への参加やお問い合わせは以下よりお気軽にご連絡ください。
ご参加・お問い合わせをお待ちしております。

租税調査研究会事務局
TEL:03-5579-9080
Mail:tax@zeimusoudan.biz

お問い合わせ

税務調査メルマガvol.316配信のお知らせ

 

TOPICS LIST