租税調査研究会


高度化する税務に関する相談・アドバイス・サポートを実現する租税調査研究会

NEWS

一覧へ

税務調査メルマガvol.324配信のお知らせ

【税務調査メルマガVol.324】
租税調査研究会からメルマガを配信しました。
Vol.324のメルマガコンテンツ
・「金」の売却と税金
・ ある女性国税記者の独り言
No.122 輸出用清酒製造免許制度
・迷いやすい「医療費控除」考え方のキモはココ!〇☓でチェックしてみよう

税務調査メルマガvol.323配信のお知らせ

【税務調査メルマガVol.323】
租税調査研究会からメルマガを配信しました。
Vol.323のメルマガコンテンツ
・同一事業年度における再調査
・元税理士業界紙、税金専門紙の編集長 宮口貴志のコラム
No.132 税務調査か行政指導か?
・国税庁が令和元年度の調査事績を公表~富裕層に対する追徴税額は過去最高:
元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識

税務調査メルマガvol.322配信のお知らせ

【税務調査メルマガVol.322】
租税調査研究会からメルマガを配信しました。
Vol.322のメルマガコンテンツ
・中小同族会社の留保金制度
・ ある女性国税記者の独り言
No.121 お賽銭問題
・令和3年度税制改正で「教育」「結婚・子育て」「住宅取得等資金」はどうなった?

税務調査メルマガvol.321配信のお知らせ

【税務調査メルマガVol.321】
租税調査研究会からメルマガを配信しました。
Vol.321のメルマガコンテンツ
・ 認定賞与 その3 重加算税が7年遡ったときの源泉税
・元税理士業界紙、税金専門紙の編集長 宮口貴志のコラム
No.131 日本の税務行政の基礎を築いたハロルド・モス
・新型コロナウィルスにより海外出向者が一時帰国した場合の留意点:
元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識

税務調査メルマガvol.320配信のお知らせ

【税務調査メルマガVol.320】
租税調査研究会からメルマガを配信しました。
Vol.320のメルマガコンテンツ
・ お金は寂しがり屋
・ ある女性国税記者の独り言
No.120 日本ワインのファンサイト
・国外財産調書のチェックポイント② 
「国外財産」に該当するかどうかの判定:
元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識


更新情報・お知らせ

一覧へ

税務調査メルマガvol.324配信のお知らせ

【税務調査メルマガVol.324】
租税調査研究会からメルマガを配信しました。
Vol.324のメルマガコンテンツ
・「金」の売却と税金
・ ある女性国税記者の独り言
No.122 輸出用清酒製造免許制度
・迷いやすい「医療費控除」考え方のキモはココ!〇☓でチェックしてみよう

税務調査メルマガvol.323配信のお知らせ

【税務調査メルマガVol.323】
租税調査研究会からメルマガを配信しました。
Vol.323のメルマガコンテンツ
・同一事業年度における再調査
・元税理士業界紙、税金専門紙の編集長 宮口貴志のコラム
No.132 税務調査か行政指導か?
・国税庁が令和元年度の調査事績を公表~富裕層に対する追徴税額は過去最高:
元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識

税務調査メルマガvol.321配信のお知らせ

【税務調査メルマガVol.321】
租税調査研究会からメルマガを配信しました。
Vol.321のメルマガコンテンツ
・ 認定賞与 その3 重加算税が7年遡ったときの源泉税
・元税理士業界紙、税金専門紙の編集長 宮口貴志のコラム
No.131 日本の税務行政の基礎を築いたハロルド・モス
・新型コロナウィルスにより海外出向者が一時帰国した場合の留意点:
元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識

税務調査メルマガvol.320配信のお知らせ

【税務調査メルマガVol.320】
租税調査研究会からメルマガを配信しました。
Vol.320のメルマガコンテンツ
・ お金は寂しがり屋
・ ある女性国税記者の独り言
No.120 日本ワインのファンサイト
・国外財産調書のチェックポイント② 
「国外財産」に該当するかどうかの判定:
元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識

税務調査メルマガvol.319配信のお知らせ

【税務調査メルマガVol.319】
租税調査研究会からメルマガを配信しました。
Vol.319のメルマガコンテンツ
・ 認定賞与について その2 重加算税の計算で注意すべき2つのポイン
・ 元税理士業界紙、税金専門紙の編集長 宮口貴志のコラム
No.130 「脱ハンコ」国税関係で存続する手続きは
・所得税・消費税で納税者に軍配  
過少申告の意図は認められるが重加算税ではない 
元国税審判官が解説 公表裁決から学ぶ税務判断のポイント(第10回)