TOPICS

第49回 租税調査研究会 定期勉強会(4月14日)のご案内

■日時

4月 14日( 火 ) 16:00 ~ 17:30(受付開始:15:45~)
■テーマ

第49回租税調査研究会 定期勉強会

『相続税 税務調査における 名義株の対応方法』

勉強会の詳細はこちらからもご覧いただけます>>

<勉強会のポイント>
相続税税務調査対策の勉強会を開催します。
本講義では、実際に調査担当者がどのような視点で調査事案を選定し実地調査に臨むのか
税理士として調査の各段階でどのように調査官に対応すべきかを解説します。
具体的には、以下のポイントを学びます。

1) 相続税税務調査の必須である名義株
2) 法人税法の観点から見る株式の真の所有者の検討及び認定
3) 名義株認定の重要証拠とされる「質問応答記録書」の実務対応

税務調査において不要な課税を避けるための事前準備、対応策をお伝えします。

■講師 主任研究員・代表理事 武田 恒男

■会場 大槻経営労務管理事務所内セミナールーム

■住所 東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル8F

<お申込み方法>
メールもしくは、電話にてお申し込みください。
お申込みは先着順とさせていただき、定員に達し次第締め切らせていただきます。

▼租税調査研究会事務局
〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-5 銀座三田ビル501
TEL:03-5579-9080 FAX:03-5579-908
Mail:tax@zeimusoudan.biz

税務調査メルマガvol.299配信のお知らせ

 

TOPICS LIST