TOPICS

第45回 租税調査研究会 定期勉強会(10月8日)のご案内

■日時

10月8日(火)16:00~17:30(受付開始:15:45~)

■テーマ

第45回租税調査研究会 定期勉強会

『ここだけでしか聞けない 元東京地裁調査官の1、「地裁調査官の職務と租税訴訟」2、不服審判所部長審判官の役割と印象に残った判例・裁決事例』

勉強会の詳細はこちらからもご覧いただけます>>

<勉強会のポイント>
裁判所において税に関する事件については、裁判官の税務知識のサポートや事実認定に必要な情報収集などを目的に、
裁判官から命令を受けた調査官が置かれています。
現在は、東京地方裁判所に2人、大阪地方裁判所に1人が配置され、その他の裁判所は、調査の必要があると判断された場合に関して、
これらの調査官に調査依頼をすることになっています。
今回の勉強会では、元地裁調査官の小林正樹主任研究員に、
地裁調査官の職務内容と、職務経験から租税訴訟における決め手となるポイントなどについて語ってもらいます。
また7月10日から、地裁調査官に民間から初採用されましたが、それによる税務裁判への影響などについても、
時間の許す限り自由に語ってもらいます。
■講師 主任研究員 小林 正樹

■会場 大槻経営労務管理事務所内セミナールーム

■住所 東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル8F

<お申込み方法>
メールもしくは、電話にてお申し込みください。
お申込みは先着順とさせていただき、定員に達し次第締め切らせていただきます。

▼租税調査研究会事務局
〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-5 銀座三田ビル501
TEL:03-5579-9080 FAX:03-5579-908
Mail:tax@zeimusoudan.biz

税務調査メルマガvol.290配信のお知らせ

TOPICS LIST