租税調査研究会


高度化する税務に関する相談・アドバイス・サポートを実現する租税調査研究会

NEWS

一覧へ

10_benkyou

第10回勉強会を開催 加算税をめぐる税務

第10回勉強会を6月7日、都内で開催しました。
今回は、武田恒男主任研究員が、平成28年度税制改正で見直された加算税のポイントと、税理士の実務対応でどこが重要なのか解説しました。

41XostvtX7L._SX362_BO1204203200_-182x250

【出版・記事】「民法的思考による 国際税務ケースブック」

租税調査研究会の小寺壽成主任研究員・税理士が執筆した「民法的思考による 国際税務ケースブック」(法令出版)がこのほど、出版されました。国際取引に係る民法及びと国際税務がこの一冊にまとまってる、これまでにない実用書です。

kokusaizeimujissen_houjinzeisinkoku

【出版・記事】「国際税務実践マニュアル ―情報の入手と税務ポイント― 法人税申告編」が出版されます。

税務調査研究会の小寺壽成主任研究員が執筆した
「国際税務実践マニュアル ―情報の入手と税務ポイント― 法人税申告編」が
中央経済社より出版されます。

kokusaizeimujissen_itenkakakuzeisei

【出版・記事】「国際税務実践マニュアル ―情報の入手と税務ポイント― 移転価格税制/非居住者・外国法人の源泉徴収編」が出版されます。

税務調査研究会の小寺壽成主任研究員が執筆した
「国際税務実践マニュアル ―情報の入手と税務ポイント―
移転価格税制/非居住者・外国法人の源泉徴収編」が
中央経済社より出版されます。

benkyokai150909

第7回勉強会を開催 税務調査官はこうした考えで動く!!

第7回勉強会を9月9日、平川会計パートナーズ(千代田本部)研修室で開催しました。
今回は、武田恒男主任研究員が、税務調査官はどういった考えをベースに日常調査に動いているのか、その思考を先読みしながら、税理士としてどのように対処していけば良いのかなどを紹介しました。


更新情報・お知らせ

一覧へ

49101255109630120016

【出版・記事】平成28年度版 税務調査の傾向と対策

月間 会社法務A2Z(平成28年8月25日発行)「平成28年度版 税務調査の傾向と対策」に租税調査研究会の武田恒男主任研究員の記事が掲載されました。

WS000005

【出版・記事】「中小企業の税務調査マニュアル」

租税調査研究会の武田恒男主任研究員が執筆した「中小企業の税務調査マニュアル」が第一法規より出版されました。

IMGP2004

【インタビュー】ダイヤモンドオンラインに衛藤主任研究員のインタビューが掲載されました。

ダイヤモンドオンライン「相続塾」に衛藤重徳主任研究員のインタビュー記事「マルサはあなたの所に突然やって来る…のか?」が掲載されました。国税査察部の仕事内容について紹介しています。

1376551

【出版・記事】「同族会社が知っておきたい相続対策」

月間 会社法務A2Z(平成28年5月25日発行)「同族会社が知っておきたい相続対策」に租税調査研究会の古原正昭主任研究員の記事が掲載されました。

勉強会写真

【会員限定】第9回勉強会を開催:テーマ「平成28年度税制改正における加算税の見直しと加算税賦課要件」

第9回勉強会を2016年2月17日、開催しました。今回は、「平成28年度税制改正における加算税の見直しと加算税賦課要件」について勉強。とくに、加算税の「更正の予知」の考え方は今後、税務調査シーンで重要になるので、事務運営指針や採決事例、そして国税当局の考え方について検証した。