租税調査研究会


租税調査研究会ブログ

登録政治資金監査人に登録 政治とカネの問題を監視

租税調査研究会の武田恒男、米山英一、竹村良平の各主任研究員がこのほど、「登録政治資金監査人」となりました。3人は、大・中・小法人の法人税、源泉所得税、消費税等の法人調査を40年超にわたり、やる側の責任者、やらせる側の責任者として従事した、自他共に認める超プロフェッショナルの税理士です。
政治資金監査人は、2008年から始まった制度で、特別な研修を受けた税理士や公認会計士、弁護士が政治資金適正化委員会に備える名簿への登録を受けて、登録政治資金監査人になることができます。
国会議員関係の政治団体については、収支報告書を提出するときは、あらかじめ、収支報告書、会計帳簿、領収書等について、登録政治資金監査人による政治資金監査を受けることなどが義務付けられています。

今回、当研究会の主任研究員3名が登録政治資金監査人になったことで、政治資金が適正に処理されるように具体的な指導、アドバイスを行っていきます。
関心のある政治家の方は、遠慮なくお問合せください。
info@zeimusoudan.biz