TOPICS

5月14日 第40回租税調査研究会 定期勉強会を開催しました

第39回勉強会を開催しました。
『 勘定科目別に解説 国内及び国外の源泉所得税の非違について』

当研究会の代表理事 米山 英一主任研究員を講師に迎え『勘定科目別に解説 国内及び国外の源泉所得税の非違について』を講義いただきました。 >米山 英一主任研究員のプロフィールはこちら

当日は、源泉所得税の誤りやすいポイントについてお話をいただきました。源泉所得税は法人税や所得税とセットで税務調査が行われるのが一般的ですが、報酬の支払いが多い法人や海外取引をしている法人には単独調査も実施されます。
源泉所得税の単独調査は、1、どのように進められるのか、2、調査のポイントはどのようなものか、3、主な非違項目はどのようなものなのかについて、勘定科目別に解説いただきました。
実務上のポイントを再確認でき、大変有意義な勉強会となりました。
なお、勉強会終了後には、質疑応答や意見交換も行われました。


次回の第41回定期勉強会は6月13日(木)に予定しています
主任研究員の武田 恒男税理士を講師に迎えます。
また近くになりましたら詳細をお知らせいたします。
>>第41回 租税調査研究会 定期勉強会のご案内
セミナー・勉強会への参加やお問い合わせは以下よりお気軽にご連絡ください。
ご参加・お問い合わせをお待ちしております。

租税調査研究会事務局
TEL:03-5579-9080
Mail:tax@zeimusoudan.biz

お問い合わせ

TOPICS LIST