TOPICS

第38回 租税調査研究会 定期勉強会(2月12日)のご案内

■日時

2月12日(火)16:00~17:30(受付開始:15:45~)

■テーマ

第38回租税調査研究会 定期勉強会

『ここでしか聞けない 武田流 税理士が抑えておくべき 最新 法人税調査対応の実務』

勉強会の詳細はこちらからもご覧いただけます>>

<勉強会のポイント>
研究会代表理事の武田恒男主任研究員が、今、税理士として抑えておくべき法人税調査の対応ポイントを伝授します。調査官も昔のように“感覚”で実地調査をしている時代ではないため、調査立会いの決め手は、国税通則法を基本に通達をどれだけ読み込んでいるかが重要になります。それも課税当局目線で・・・。今回は、通則法、通達などのポイントを抑えることを第一の目的としながら、調査官が作成する「争点整理表」「質問応答記録書」「調査報告書」の中身、更には、再調査の用件となる「新たな事実」の判断ポイントなどについても解説します。ここでしか聞けない内容になりますので、この機会に是非ご参加ください。
事例を学び、解説とあわせて意見交換を行いながら、税法や通達の解釈および国税局の考え方などを研究していく勉強会です。

■講師 主任研究員 武田恒男

■会場 大槻経営労務管理事務所内セミナールーム

■住所 東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル8F

<お申込み方法>
メールもしくは、電話にてお申し込みください。
お申込みは先着順とさせていただき、定員に達し次第締め切らせていただきます。

▼租税調査研究会事務局
〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-5 銀座三田ビル501
TEL:03-5579-9080 FAX:03-5579-9083
Mail:tax@zeimusoudan.biz

TOPICS LIST