TOPICS

第29回 租税調査研究会 定期勉強会(5月29日)のご案内

■日時

5月29日(火)16:00~18:00(受付開始:15:45~)

■テーマ

第29回租税調査研究会 定期勉強会

ここでしか聞けない 税務署保有情報の収集方法

勉強会の詳細はこちらからもご覧いただけます>>

<勉強会のポイント>
本研修では、税務調査時等に役立つ対応策を研究します。ここでは、税務署が保有する情報等について、納税者として、また、税理士として、どのような情報を収集できるか、どのようにして収集するかを研究したことをお話しします。
なお、税務署保有情報は、税務調査対応に限らず、関与先引継時に前関与税理士の協力を得られない場合や相続事案が揉めている場合などに役立ちます。例えば、関与以前に提出された確定申告書情報などが収集できれば、以後の関与が順調になります。皆さん、一緒に勉強してみましょう。

解説は、国税OBである大塚一長主任研究員に行っていただきます。

事例を学び、解説とあわせて意見交換を行いながら、税法や通達の解釈および国税局の考え方などを研究していく勉強会です。

■講師 主任研究員 大塚一長

■会場 大槻経営労務管理事務所内セミナールーム

■住所 東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル8F

<お申込み方法>
メールもしくは、電話にてお申し込みください。
お申込みは先着順とさせていただき、定員に達し次第締め切らせていただきます。

▼租税調査研究会事務局
〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-5 銀座三田ビル501
TEL:03-5579-9080 FAX:03-5579-9083
Mail:tax@zeimusoudan.biz

TOPICS LIST