TOPICS

7月5日 第20回租税調査研究会 定期勉強会を開催しました

第20回勉強会を開催しました 事例から学ぶ”印紙税”実務・調査対応のポイント

第20回「印紙税」定期勉強会

第20回 定期勉強会を7月5日に開催いたしました。

当日は、印紙税法の適用要件や課否判断のポイントについて実際の「業務委託契約書」を用いて小林幸夫主任研究員に解説いただきました。
>>小林幸夫 主任研究員のプロフィールはこちら

一枚の契約書で作成する場合と「覚書」等を加え2枚になるケースで、いわゆる「書き方」によっては税額が変わってくるという解説がありました。
このほか、請負か委任なのか、どちらの契約にあたるかの判断は民法の解釈になるので、厳密な判断が必要な場合は弁護士の意見を聞いて作成することが業務上のリスク対策になると指摘しました。
また、基本的には委任契約であれば国税当局は印紙税を課税しないことも話しにあがりました。

勉強会終了後には、質疑応答や意見交換も行われました。


次回の第21回定期勉強会は8月2日(水)に予定しています。

セミナー・勉強会への参加やお問い合わせは以下よりお気軽にご連絡ください。
ご参加・お問い合わせをお待ちしております。

租税調査研究会事務局
TEL:03-3539-2929
Mail:tax@zeimusoudan.biz

お問い合わせ

TOPICS LIST