掲載メディア一覧

 

画像

メディア掲載

内容

200

≪令和3年版≫「税務必携 タックスファイル」
大蔵財務協会
租税調査研究会の主任研究員の深澤英雄と宮川博行が著者として参加されています。

本書は、体系的かつ簡潔明瞭に、「各税を網羅的に解説した見やすい書籍」、
「携行できるコンパクトな書籍」というコンセプトで、主に税務大学校研究部に勤務経験のある税理士が集まり、「知りたいことがすぐわかる」ように編纂されています。実務に即した内容で実務上の必携書として、租税法の入門書又は復習書として、幅広くご活用いただける1冊です。

200

『電子帳簿保存法がこう変わる!』
税務研究会出版局
著者:税理士 松崎啓介

本書は、令和3年度税制改正における「電子帳簿等保存制度」の抜本的な見直しについて、税制改正大綱、税制改正法案などに基づき速報的に解説しています。
これまで電子帳簿等保存制度の導入を検討していなかった会社の経理担当者や個人事業主及びそれらの顧問税理士の方にも、ご活用いただける1冊です。

200

≪令和3年 改訂≫『消費税 課否判定・軽減税率判定早見表』
大蔵財務協会
租税調査研究会の代表理事である武田恒男氏、主任研究員の宮川博行氏の共編、米山英一氏、竹村良平氏の共著

前回大変好評をいただきました『消費税 課否判定・軽減税率判定早見表』の≪令和3年 改訂≫が出版されました。総額表示が義務化され、売手・買手とも区分の重大性が増大しております。消費税実務の必携書としてご活用ください。

200

『消費税 課否判定・軽減税率判定早見表』
大蔵財務協会
租税調査研究会の代表理事である武田恒男氏、主任研究員の宮川博行氏の共編、米山英一氏、竹村良平氏の共著

日常的に行われる具体的な取引を勘定科目別に区分し、取引項目ごとに課否判定を表形式によって一目で解決できる一書です。併せて軽減税率制度の対象品目等が瞬時に解決できるよう編集されています。

200

『加算税の最新実務と税務調査対応Q&A』
大蔵財務協会
編著:武田恒男

加算税制度の改正内容を含めてどのようなケースで加算税や重加算税がかせられるのか、Q&Aで分かりやすく解説した一書です。

200

『税経通信』(2017年07月号)
税務経理協会

特集:国税犯則取締法の改正に関して
執筆:衛藤重徳

200

『会社法務A2Z』(2017年5月号)
第一法規株式会社

特集:タックスヘイブン対策税制の概要と企業への影響
執筆:中山正幸

115

『消費税課否判定早見表(平成29年改訂)』
大蔵財務協会
武田恒男 / 小林幸夫 共編

日常的に行われる具体的な取引を勘定科目別に区分し、取引項目毎に課否判定を表形式によって一目で解決できるよう編集した、職業会計人の方々はもとより法人企業、個人事業者等の消費税事務に携わる方々の必携書です。

115

『会社法務A2Z』(2017年2月号)
第一法規株式会社

特集:出向・転籍に関する税務上の留意事項
執筆:多田恭章

115

『税理』(2017年1月号)
ぎょうせい

特集:国内外の資料情報の多様化と税理士の対応
執筆: 小寺壽成/米山英一/黒田治彦/中山正幸/多田恭章

120

『税目別ケースで読み解く!国際課税の税務調査対応マニュアル』
ぎょうせい
編著:武田恒男

各税目別に日常業務で問題になりがちな税務処理方法と調査対応についてまとめた国際税務の入門書。

120

『民法的思考による 国際税務ケースブック』
法令出版
著者:税理士 小寺 壽成

国際取引に係る民法及びと国際税務がこの一冊にまとまってる、これまでにない実用書です。

『国際税務実践マニュアル ―情報の入手と税務ポイント― 法人税申告編』
中央経済社
著者: 小寺 壽成・足立 好幸

申告書作成までの手順がわかる!「なにをすればいいのか」がわかる実務の手引き

kokusaizeimujissen_itenkakakuzeisei

『国際税務実践マニュアル ―情報の入手と税務ポイント― 移転価格税制/非居住者・外国法人の源泉徴収編』
中央経済社
著者: 小寺 壽成・足立 好幸

独立企業間価格の算定と文書化、源泉徴収・取引契約の留意点など、人事や法務にも必携

tax

『税務調査最前線~改正国税通則法を踏まえて~』
一般財団法人 大蔵財務協会
編著: 武田恒男

これ一冊あれば、税務調査についてはまず十分な知識が得られます

tax

『最新版 消費税課否判定早見表』
一般財団法人 大蔵財務協会
編者: 武田恒男・小林幸夫
著者: 米山英一・竹村良平

勘定科目取引の
「課税」「非課税」「免税」「不課税」
の課否判定をひと目で解決

zeiri

『BUSINESS TOPICS』(2014年11月号)
みずほ総合研究所

税務調査で誤りを指摘されない「交際費」の実務処理
執筆: 米山英一

zeiri

『税理』(2014年11月号)
ぎょうせい

納税の猶予と延滞税の計算における留意点
執筆: 中島洋二

bc

『会社法務A2Z』(2014年11月号)
第一法規株式会社

源泉徴収の実務における留意点
執筆: 武田恒男

bc

『会社法務A2Z』(2014年9月号)
第一法規株式会社

会社役員が税務調査で狙われるポイント
執筆: 竹村良平

zeiri

『税理』(2014年9月号)
ぎょうせい

督促状の送付と財産の差押え/棚卸資産として計上すべきもの
執筆: 中島洋二/竹村良平

zeiri

『税理』(2014年8月号)
ぎょうせい

接待飲食費の50%損金算入特例
執筆: 米山英一

QA

『税務QA』(2014年7月号)
税務研究会

「隠ぺい・仮装」の境界線(第2回)
~重加算税の賦課決定要件の接点~

執筆: 武田恒男

bc

『会社法務A2Z』(2014年7月号)
第一法規株式会社

印紙税の改正における実務上の留意事項
執筆: 小林幸夫

zeiri

『税理』(2014年7月号)
ぎょうせい

延滞税の計算方法
執筆: 中島洋二

bc

『ビジネスチャンス』(2014年8月号)
株式会社ビジネスチャンス

M&Aで知っておきたい企業再編税制度と「法人税法132条の2」の落とし穴
執筆: 武田恒男

zeiri

『税理』(2014年6月号)
ぎょうせい

印紙税法の改正と課税可否の判断
執筆: 小林幸夫

QA

『税務QA』(2014年6月号)
税務研究会

「隠ぺい・仮装」の境界線
~重加算税の賦課決定要件の接点~

執筆: 武田恒男

A2Z

『会社法務A2Z』(2014年6月号)
第一法規株式会社

平成26年度税制改正で
こんなに変わる!
『企業の「交際費処理」のポイント』

執筆: 米山英一

tax&management

『税と経営』(平成26年5月11日号)
株式会社税経

海外進出企業の国際税務リスクとその法的解決(海外勤務者・技術指導員などの税務「外国勤務者の税務」判決事例その2)(2012年4月より月一連載)
執筆: 小寺壽成

A2Z

『会社法務A2Z』(2014年5月号)
第一法規株式会社

企業役員の退職給与に
関する税務

執筆: 武田恒男

tax&management

『税と経営』(平成26年1月1日号)
株式会社税経

国税通則法改正に伴う税務
調査手続きの法定化に係るQ&A
執筆: 武田恒男

ページTOPに戻る